Neutronのベンダープラグインとサービスプラグイン

PariのOpenStack Summitでサービスの問題とベンダープラグインの問題が議論されていました。その解決策がほぼ決まる方向にあるので書いてみます。詳しくは以下のBlogに書いてあります。

http://www.siliconloons.com/posts/2014-12-26-neutron-splits-and-spinouts/

Servicesの問題

LBaaS/VPNaas/FWaaSはNeutronのサービスということでL2/L3機能の上に実装されています。残念ながらL2/L3の機能実装にNeutronのコアチームがかかりっきりで、あまりにもこれらのサービスの進捗が悪いとの事で不満が溜まっていました。アトランタのSummitではDesign Summit外で独自の話し合いが行われ結果的にLBaaSの独立ProjectであるOctabiaが派生してしまいました。

https://wiki.openstack.org/wiki/Octavia

Neutronのチームも何もしなかったわけでは無く、Neutron-Incubationの仕組みも作りましたが結果的に別PJが発足しました。この問題点の根本的な解決策としてGitのレポジトリを分けて、コアのチームも分けてしまう事に決まりました。必要に応じてL2/L3のコアチームと共同で作業を行うことになっています。Kilo-1ではすでに別れた状態でリリースがされていますのでKiloはこの形でリリースされるものと考えられます。

ベンダープラグインの問題

もう一つはベンダープラグインの問題で、SDNコントローラーや各社製品の実装もよくわからない状態でベンダー以外の人がレビューして行くのは限界があるし増え続けるベンダープラグインのレビューにも限度があるとの事でした。

解決策として、Neutronに含まれるベンダープラグインの層はなるべく薄くしてstackforgeやgithub等にベンダー独自の作りこみを作ってしまう形に決まりそうです。例えてして上がっているCiscoのACIプラグインですがJuno版にML2プラグインとして含まれていますがACIとの接続の層は外部レポジトリのソフトに依存しています。つまりOpenStackのACI連携を行うには以下のソフトをpipでインストールする必要があります。

https://pypi.python.org/pypi/apicapi/0.9.1

今後Kiloで各ベンダーはNeutronに含まれるのプラグインの層をなるべく薄くして欲しいとの事です。Lリリースでは層を薄く出来てないプラグインは除く可能性があるとの事です。

広告
Neutronのベンダープラグインとサービスプラグイン

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中