JenkinsとOpenStack Plugin

Jenkinsはよく用いられるCIツールです。Jenkinsにはビルドやテストを実際に実行するスレーブを自動的に追加して、ビルドを実行する機能が備わっています。Jenkinsは様々なプラグインが揃っているのが特徴で、AWSやOpenStack等のクラウド上にスレーブを追加するプラグインもあります。JenkinsのOpenStackをプラグインを利用すればビルド実行時にスレーブを自動追加する事が可能となります。

Openstack pluginのインストール

Jenkinsの管理 > プラグインの管理でOpenStack Cloud Pluginを検索してインストールします。JCloud PluginをOpenStackに特化させた軽量版です。

https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/Openstack+Cloud+Plugin

OpenStack内のスレーブとJenkinsマスターとの接続

OpenStack上に作成されるインスタンスはJenkinsマスターと接続しますが、その場合の接続方法をSSHかJNLP接続の2種類から選択できます。SSHの場合はインスタンス作成時のKeypairと接続のSSHキーを合わせておくと、起動後にマスター側からインスタンスに対してSSH接続がされ、マスターに接続されます。OpenStackの場合はJenkinsとスレーブが同じNW内にあるか、同一のRouterに接続されたネットワークであればSSHで通信できます。外部NWにJenkinsのマスターが配置されている場合はNAT構成となるためJNLPの機能でスレーブとなるインスタンスからマスターに接続します。今回のOpenStack Cloud Plugin を利用して、OpenStackにスレーブを立てる場合は一般的にはJNLPを使った接続になると思います。 “JenkinsとOpenStack Plugin” の続きを読む

広告
JenkinsとOpenStack Plugin