DatadogでOpenStackをモニターする

DatadogモニタリングをSaaSで提供しているサービスですが、OpenStackと接続出来るIntegrationが提供されています。今回はOpenStack Integrationを利用して、DatadogからOpenStackをモニターします。

Datadogについて

DatadogはSaaSベースで提供されていますモニタリングサービスです。各種アプリケーションや、サービスに対応したIntegrationが提供されており簡単にメトリックの追加を行うことが出来ます。PythonベースでIntegrationを自作する事も出来ます。

Datadogの利用開始

Datadogは以下サイトでサインアップをすると無料枠で利用出来ます。

https://www.datadoghq.com/

サインアップ後の画面を進めると、Datadog Agentのインストール画面が出てきます。利用するOSを選択して、Datadog Agentのインストール方法を確認します。CentOSであれば、ワンライナーでインストールからDatadog Agentの起動が行われます。このスクリプトはYumレポジトリの登録と、Datadog Agentのインストール後にDatadog Agentの設定を行ってくれます。Agentをインストールすると自動的にDatadogのサービスに対してデーターが送信されます。AgentのステータスはCent OSであれば以下のコマンドで確認が可能です。内部的には複数のサービスが動作しているため、こののコマンドでの正常動作の確認は必須です。

service datadog-agent info

“DatadogでOpenStackをモニターする” の続きを読む

広告
DatadogでOpenStackをモニターする