DevstackでVMware連携を利用する

OpenStackの開発版や、Community版のOpenStackを利用したい場合にはDevstackの利用が便利です。多くのDevstackの使用例はKVM前提となっているのでVMware連携時のDevstackの利用方法を書きます。

Devstackの準備

まずは通常どおりDevstackの準備を始めます。Ubuntuを利用する場合は14.04を使った方が無難です。12.04を使うと標準パッケージの幾つかがMinimum Versionを満たさないためそのままではDevstackの実行が失敗します。そのため実行前に各種パッケージをあげとく必要があるので14.04の利用をお勧めします。以下のコマンドでLocalにDevstackを落として来ます。事前にgitをインストールしておき、Root以外のアカウントで実行してください。

git clone https://git.openstack.org/openstack-dev/devstack

stable/juno等の指定をするとリリース済みのパッケージも選択出来ます。

git clone https://git.openstack.org/openstack-dev/devstack -b stable/juno

“DevstackでVMware連携を利用する” の続きを読む

広告
DevstackでVMware連携を利用する