OpenStackとVMDKイメージ

OpenStackでハイパーバイザーをVMwareで選択した場合は、KVMで通常利用しているQcow2イメージでは無くVMDKイメージを利用することになります。今回は実は深くて問題が幾つかあるVMDKイメージの話題を書きます。

イメージのフォーマットについて

VMDKイメージを利用するのはもちろんですが、実はVMDKファイルにも様々なフォーマットが存在します。OpenStackではVMDKファイルのSparseとFlatのイメージ形式に対応しています。残念ながら作成済みの仮想マシンをOVFとしてExportするとStream OptimizedのイメージとなりOpenStackでは利用出来ません。OpenStackのサポートしているイメージ形式へのコンバートはVMwareの提供しているvDisk Managerを利用してコンバートが可能となっています。Stream OptimizedのOpenStackでのサポートは2014年12月に開発中のMasterレポジトリにマージされましたので、Kiloリリース以降で予定されています。

https://review.openstack.org/#/c/71173/ “OpenStackとVMDKイメージ” の続きを読む

広告
OpenStackとVMDKイメージ

OpenStackとVMwareの連携

VMWareからVIO(VMware Integrated OpenStack)が発表されたようにVMwareもOpenStackとは良い関係性を持つように努力しています。今回はOpenStackとVMwareの連携の一部解説とPackStackを使った環境構築を行いたいと思います。VMwareは近い商品としてはvRA(vRealize Automation)を持っています。この製品はOpenStackと同じIaaS基盤ですが、OpenStackとの連携機能も持っています。vRAは旧vCACとなります。現在VMware社の製品であるvSphereとNSXと連携可能なのは、OpenStackのNova / Glance / Cinder / Ceilometer / Neutronになります。今回はNova / Glance / Cinder連携の部分に焦点を当ててざっくり解説します。OpenStackはあくまでKVM/Xen利用時に全ての機能が利用できるのでVMwareを利用する場合は、どの機能がサポートされているかは逐一確認と注意をする必要があります。 “OpenStackとVMwareの連携” の続きを読む

OpenStackとVMwareの連携