Hyper-V上へのOpenStackインストール

OpenStackのPOC環境でOpenStackの動作を確認する場合に、物理マシンを使うのが正解ですが再インストールを繰り返すなら仮想化環境上の仮想マシンにインストールすると色々便利です。仮想化環境はKVMやVMwareを利用しても良いですが、今回はHyper-Vを利用してみます。KVMやVMwareはよく利用されますがHyper-Vはあまり経験が無かったので共有します。

仮想マシンの作成とインストール

今回は、OpenStackの外部接続用とマネジメント+Data用の2つのNWを用意します。仮想スイッチは外部で作成するため、Hyper-Vのホストに2つのNICを用意しておきます。まずは仮想マシンをマネジメント+Data用のNWに接続して起動します。仮想マシンは第1世代で作りました。またメモリはOpenStackを動作させるなら最低でも4G以上の設定をしておきます。今回はRDOでPackstackを使ってインストールするのでCentOS7.1のISOをマウントして、仮想マシンへのインストールを行います。2台目を用意して、複数のComputeを試してみたい場合は同様の設定の仮想マシンをもう一台用意します。 “Hyper-V上へのOpenStackインストール” の続きを読む

Hyper-V上へのOpenStackインストール