OpenStack IronicでVirtualBoxを操作する

Ironicは物理マシンと接続して、電源管理等を行うために様々な機器に対応したドライバーが提供されています。その中で、検証等に使えるVirtual Box用のドライバーも提供されています。Vitual boxが操作出来るドライバーはSSHを使ってコマンドを発行するSSHドライバーとVirtual BoxのSOAP APIに接続する2種類提供されています。

SSHドライバーについて

SSHドライバーはVirtual Boxを含む仮想化環境に対応しています。virtual box / virsh / vmware / parallels / xenserverと多種多様な仮想化環境に対応しています。SSHドライバーは仮想化基盤にSSHで入ってコマンドを発行して操作するためにSSHのホスト側の機能が必要です。例えばVirtual BoxであればVBoxManageコマンド、VMware(ESXi)であればvim-cmdコマンド、virshであればvirshコマンドで操作を行います。

https://github.com/openstack/ironic/blob/master/ironic/drivers/modules/ssh.py

Virtual Boxドライバー

SSHのサーバーを立てれない場合の為に、Virtual Boxが提供しているWeb Serviceを使うドライバーも提供されています。これはKiloで提供されました。これを使えばMACやWindowsでVirtual Boxを動作させて手軽にIronicの試験が出来るようになります。今回はRDOのLiberty版を利用して、両方のドライバーの使い方を解説します。

http://docs.openstack.org/developer/ironic/drivers/vbox.html

“OpenStack IronicでVirtualBoxを操作する” の続きを読む

広告
OpenStack IronicでVirtualBoxを操作する