OpenStack NeutronのML2プラグインはどのようにドライバーを呼び出しているか

Neutron ML2プラグインについて

3rd Partyの製品を使う場合にはML2のメカニズムドライバーでの実装が増えて来ました。ML2は構成上タイプドライバーとメカニズムドライバーがあります。今回はざっくりとML2がどのようにメカニズムドライバーを呼び出しているかをみて、ドライバーの動作を理解する時の助けとします。処理の流れを理解しておくとSDN Controllerにどのような命令を実際に送るのかを見ることが出来ます。ML2のプラグインは起動時に指定されたMech_driverをリスト化しています。何らかの操作を行う場合は、まずprecommit+操作が呼び出されてます。precommitはDatabaseのTransaction中に呼び出されます。precommitはDriver側で必ずしも実装している必要はありません。その後実際の設定変更を行うpostcommit+操作が呼び出されます。以下のML2 Pluginのコードを見るとcreate_subnetが呼ばれると、それぞれcreate_subnet_precommitとcreate_subnet_postcommitを呼び出しているのがわかります。 “OpenStack NeutronのML2プラグインはどのようにドライバーを呼び出しているか” の続きを読む

広告
OpenStack NeutronのML2プラグインはどのようにドライバーを呼び出しているか